悪徳商材を見極める方法

特定商取引法(特商法)を見れば解る詐欺・悪徳商材見抜き方について!

テルちん
テルちん

こんにちは、

アフィリエイターのテルちんです。

今回の記事では、
詐欺まがいのものや悪徳商材の見抜き方
について解説していきます。

特定商取引法(特商法)とは

 

法律

特定商取引法(特商法)とは、
消費者を守ることを
目的に定められた法律で、
事業を行う者による
悪質で違法な勧誘行為等を
防止するためのものです。

 

・通信販売
・電話勧誘販売
・連鎖販売取引
・業務提供誘引販売取引

インターネットビジネスの情報商材に関しては、
通信販売で行われることが多いので
それについて詳しく見ていきましょう!

 

特定商取引法で規制されるもの

 

特定商取引法で規制されている事項は
主に下記のものが挙げられます。

・氏名の明示の義務付け
・不当な勧誘行為の禁止
・広告規制

勧誘が開始される前には、
事業者の名前や勧誘の目的について
あらかじめ消費者に宣告するように
義務付けされています。

商品価格や支払い条件等について
虚偽の説明をしたり、
意図的に告知しないものは法律違反。

また、誇大広告の禁止ということで、
事業主が広告を行う場合、
重要事項を表示することが
義務付けられています。

情報商材系では、

「誰でも簡単に稼げます」

ということでオファーされているものが殆どですが、
99%が詐欺まがいの再現性がないものです。

私もついつい騙されました経験があります。

そこで、よくある「詐欺まがい」の
特商法について見ていきましょう!

こんな特商法には注意!

注意

情報商材系の特定商取引法の
記載がない場合は絶対に購入してはいけません。

明らかに、身元をバラしたくないということと
詐欺商材を販売するだけしておいて

「私は責任を一切取りません」

と宣言しているようなものです。

 

販売者が日本人なのに、

所在地が海外の場合は危険です。

たとえば、こんな感じです↓

ハチプラ 特商法

ここで、注目すべき点ですが、

販売業者(事業者)が日本の企業ではない
〇〇運営事務局という場合も怪しいです。
個人経営者に多いですね。

 

所在地(住所)が海外になっている

住所が虚偽の住所

⇒詐欺商材の場合は、身元が掴めずに泣き寝入りすることになります。

 

連絡先が固定電話ではなく、IP電話や携帯電話の番号が記載
⇒上記と同様に、企業が経営している場合で固定電話を使用しないことは、ほぼありません。信用を得るために固定電話を設置しています。

⇒評判が悪くなると連絡がつかなくなる

 

④返金について

返金の場合は、良く読まないとあり得ないことを実践しないと請求すらできない場合が良くあります。

例えば、情報商材のケースでは、ノウハウ通りに毎日実践している証拠を求められたりします。

⇒始めから実現できないことを返金理由に掲げています。

逆に言えばはじめから返金する意思がないということです。

これが優良なものになると、理由に関わらず返金に応じてくれる場合もあります。

ですから、返金が適用されるケースは良く読み込まないといけません。

 

まとめ

テルちん
テルちん
以上、特定商取引法について解説してきましたが、
いかがでしたか?

今回ご紹介した
【特定商取引法】は、
セールスレターの最下部に
小さな文字で記載されているはずです。

まずは、セールスレターを見るよりも
詐欺商材か悪天案件かを見極めるには
特商法を一番先に見ることをお勧めします。

そこで明らかに怪しい点や
虚偽の記載あるいは故意に記載漏れ等があれば
確実に詐欺ですから、
いくら素晴らしいセールスレターの
内容だとだとしても
再現性がないと判断するようにしてください。

手を出してはいけない

少しでも不審な点があれば手を出ないことが
詐欺商材を掴まないための方法になります。

もし、解らなければ私に相談して下さい。

 

無料相談

 

情報系のトラブルで多いのが
投資系になりますね。

国際ロマンス詐欺に代表される
投資詐欺が話題になっていますが
手口が非常に巧妙で
自分は大丈夫と思っていても
気が付けば被害に逢っていた
という事例が後を絶ちません。

投資案件では、
金融商取引法が適用されますので、
確実に稼げるかのように
謳っているものは100%詐欺です。

上手い話を他人に助言するような
お人良しな人はいませんから、
何らかの目論見があるものです。

検証サイトで副業紹介をしている人たちも
ポンジスキームの案件や
実績がないFXツールなどを
平気で紹介するような人たちがいますので
注意してください。

併せて知っておいた方が良いと思いますので
頭の片隅にでも置いときましょう!

以上、テルちんでした。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。